返済方法にも着目すべし


カレンダーより安い金利で融資を受けるためには、返済方法にも着目すると良いでしょう。金利は融資を受けている金額と利率、そして融資を受けている期間によって決定します。利率が高ければ金利も高くついてしまうことになりますが、これ以外にも返済期間によっても金利が高くついてしまいますので注意が必要です。返済期間が短ければ短いほど、かかる金利が安くなるということは絶対に覚えておくべきです。キャッシングを計画的に利用するためにも、効率的な返済を心がけるようにしましょう

返済方法について注目すべきは、追加返済が手軽に行えるか否かということです。キャッシングサービスの返済は、毎月の返済日に行われますが、実はこれ以外の日にも追加という形で返済を行うことが可能です。返済は早ければ早い分だけ金利の節約につながりますので、追加で返済できるか否かという点に着目してサービス選びを進めていくのも良いでしょう。ATMから返済が可能なキャッシングサービスや、指定の口座に振り込みという形で返済というサービスなど、追加返済の方法はそれぞれのサービスによって異なります。自分の返済方法に合ったキャッシングサービスを選び、よりお得にサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

銀行系か消費者金融系かにも注目しよう


お金が飛ぶキャッシングサービスには銀行系と消費者金融系の2種類があります。融資元が銀行なのか、それとも消費者金融なのかという違いで、それぞれでは金利にも差が生じています。少額の融資の場合ならば銀行系キャッシングサービスの金利が低いという特徴がありますので、まずは銀行系から調べてみると良いでしょう。銀行系キャッシングの上限の金利は、だいたい15%前後のものが多いので、目安として覚えておくと良いかもしれません。一方で消費者金融系キャッシングの場合は、少額の融資だと18%前後、安いところだと17%程度となります。したがって、金利だけを見てお得なサービスを選びたいという場合には、銀行系の方が良いでしょう。

銀行系キャッシングには金利という利点がある一方で、審査が通りにくいという点がネックになります。どのキャッシングサービスを利用するにしても、審査は避けては通れません。審査が通り、利用契約を結んでから実際の融資という形になります。この審査の段階にて金融機関側から断られることもあり、銀行系は消費者金融系と比べると審査に通りにくいという特徴があります。金利は安いが審査が通りにくい銀行系、金利は安いが審査は通りやすい消費者金融系と覚えておくと良いです。

利用限度額はサービスによって異なる


お金キャッシングサービスの利用限度額は、融資を受けられる上限金額を意味しています。仮に利用限度額が10万円だった場合には、10万円以内の融資ならばいつでも受けられるということになります。限度額は50万円、100万円といったようにクラスが分かれており、それぞれのクラスには金利が別々に決められています。例えば10万円の限度額ならば18%、50万円の限度額ならば15%といったように、限度額が高くなるにつれて金利が低くなります。限度額のクラス分けについては利用するサービスによって異なり、10万円おきにクラスが設定されているサービスや、高額融資に特化しているキャッシングサービスなどもあります。設定されている金利についても限度額のクラスと共にサービスによって異なりますので、単に表示されている金利だけを見れば良いというわけでもありません

より低い金利で融資を受けたいのならば、利用限度額とそのクラスの金利に注目する必要があります。まずは希望融資金額を決め、そこからどのクラスの限度額になるのかを逆算すると分かりやすいです。そしてクラスに設定されている金利を調べてみましょう。サービスごとに金利の詳細を見ていくと、自分の希望に添ったサービスが見つかります。

キャッシング選びの基本は金利


お金融資を受けるのならまず注目するのが金利です。金利の計算は複雑で、会社によっても採用されている計算方法が異なりますが、実質年利という表記を参照することによって発生する金利をおおまかに計算することは可能です。どのキャッシングサービスを選ぶか迷っている際には、まずはどの程度の金利が発生するのかを計算してみると良いでしょう。

キャッシングサービスに表記されている実質年利は、どこもだいたい3%程度から18%程度となっています。このように「○○%~○○%」という表記がなされる理由は、利用限度額に応じて適用される金利が変化するからです。どのサービスでも、基本的には利用限度額が少額であれば高い金利が適用され、逆に高額利用の場合には低い金利が適用されます。最初から多額の融資を受けることはできません。融資を受けて、しっかりと返済されたという実績が重ねられると、利用限度額も高く設定されるようになり、より安い金利で融資を受けられるようになります。したがって初めてキャッシングを利用する際には、表記されている実質年利は高い方のパーセントが適用されると考えておく必要があります。貸金業法によって実質年利は20%が上限と定められていますので、それ以上の金利のサービスを利用することはありませんのでご安心ください。金利を見て利用するサービスを選ぶならば、高い方の金利に着目してみると良いです。

当サイトでは、より安い金利でキャッシングサービスを利用するために必要な知識についてご紹介していきます。