キャッシング選びの基本は金利


お金融資を受けるのならまず注目するのが金利です。金利の計算は複雑で、会社によっても採用されている計算方法が異なりますが、実質年利という表記を参照することによって発生する金利をおおまかに計算することは可能です。どのキャッシングサービスを選ぶか迷っている際には、まずはどの程度の金利が発生するのかを計算してみると良いでしょう。

キャッシングサービスに表記されている実質年利は、どこもだいたい3%程度から18%程度となっています。このように「○○%~○○%」という表記がなされる理由は、利用限度額に応じて適用される金利が変化するからです。どのサービスでも、基本的には利用限度額が少額であれば高い金利が適用され、逆に高額利用の場合には低い金利が適用されます。最初から多額の融資を受けることはできません。融資を受けて、しっかりと返済されたという実績が重ねられると、利用限度額も高く設定されるようになり、より安い金利で融資を受けられるようになります。したがって初めてキャッシングを利用する際には、表記されている実質年利は高い方のパーセントが適用されると考えておく必要があります。貸金業法によって実質年利は20%が上限と定められていますので、それ以上の金利のサービスを利用することはありませんのでご安心ください。金利を見て利用するサービスを選ぶならば、高い方の金利に着目してみると良いです。

当サイトでは、より安い金利でキャッシングサービスを利用するために必要な知識についてご紹介していきます。