日別: 2018年3月6日

利用限度額はサービスによって異なる


お金キャッシングサービスの利用限度額は、融資を受けられる上限金額を意味しています。仮に利用限度額が10万円だった場合には、10万円以内の融資ならばいつでも受けられるということになります。限度額は50万円、100万円といったようにクラスが分かれており、それぞれのクラスには金利が別々に決められています。例えば10万円の限度額ならば18%、50万円の限度額ならば15%といったように、限度額が高くなるにつれて金利が低くなります。限度額のクラス分けについては利用するサービスによって異なり、10万円おきにクラスが設定されているサービスや、高額融資に特化しているキャッシングサービスなどもあります。設定されている金利についても限度額のクラスと共にサービスによって異なりますので、単に表示されている金利だけを見れば良いというわけでもありません

より低い金利で融資を受けたいのならば、利用限度額とそのクラスの金利に注目する必要があります。まずは希望融資金額を決め、そこからどのクラスの限度額になるのかを逆算すると分かりやすいです。そしてクラスに設定されている金利を調べてみましょう。サービスごとに金利の詳細を見ていくと、自分の希望に添ったサービスが見つかります。