銀行系か消費者金融系かにも注目しよう


お金が飛ぶキャッシングサービスには銀行系と消費者金融系の2種類があります。融資元が銀行なのか、それとも消費者金融なのかという違いで、それぞれでは金利にも差が生じています。少額の融資の場合ならば銀行系キャッシングサービスの金利が低いという特徴がありますので、まずは銀行系から調べてみると良いでしょう。銀行系キャッシングの上限の金利は、だいたい15%前後のものが多いので、目安として覚えておくと良いかもしれません。一方で消費者金融系キャッシングの場合は、少額の融資だと18%前後、安いところだと17%程度となります。したがって、金利だけを見てお得なサービスを選びたいという場合には、銀行系の方が良いでしょう。

銀行系キャッシングには金利という利点がある一方で、審査が通りにくいという点がネックになります。どのキャッシングサービスを利用するにしても、審査は避けては通れません。審査が通り、利用契約を結んでから実際の融資という形になります。この審査の段階にて金融機関側から断られることもあり、銀行系は消費者金融系と比べると審査に通りにくいという特徴があります。金利は安いが審査が通りにくい銀行系、金利は安いが審査は通りやすい消費者金融系と覚えておくと良いです。